• 中古一戸建て
  • 中古マンション
  • 土地
  • 査定・売却
トップページ > おすすめ物件情報ブログ > 耐震等級(1)(2)(3)の違い

福山市中古住宅.COMからのお知らせ

福山市物件情報ブログ

福山市物件情報ブログ

耐震等級(1)(2)(3)の違い



こんにちは!松井です☆彡

カープ優勝(*^^) 祝v8!!

と喜んでいるのもつかの間・・・安室奈美恵2018年9月16日引退(;゚Д゚)

松井はこの一週間で大きな喜びと、大きな悲しみ両方を味わいました・・・。

カープでは日本一を目指して応援を、安室奈美恵では最後の一年を見守りたいと思います(。◕ˇдˇ◕。)/

 

耐震等級(1)(2)(3)の違い

耐震等級は、1~3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となります。

一般的に耐震等級の目安とされている基準

耐震等級1 建築基準法(法律)と同程度の建物

耐震等級2 耐震1で想定する地震の1.25倍に耐えられる

耐震等級3 耐震1で想定する地震の1.5倍に耐えられるキャプチャ1

建築基準法とは??

『想定される地震』『被害』

◆数百年に1度発生する(住宅の密集する都市で震度6強~震度7程度)に対して、倒壊・崩壊しない。

◆数十年に1度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない。

今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震がおこっても、家が倒壊する可能性は低いですが、震度7程度の地震がくると損傷する可能性はあります。

実際に生じた地震の性質によって変わるので、あくまで目安になります

 

読んで頂きありがとうございます!!

ご質問・ご相談ぜひお問合せ下さい(*´▽`*)

HP

カテゴリー: おすすめ物件情報ブログ, お知らせ, 情報ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせフォームを確認する

閲覧履歴

閲覧履歴をもっと見る

中古住宅×リノベーション 住宅のプロ「ホーム・ラボ」が福山市のお客様にご提案します

お客様の声

リノベだからかなった、 理想の立地&庭付きの一戸建て。

「子どもがわんぱくに遊びまわる年頃になるまでに、庭付きの一戸建てに引っ越したい」とのご依頼をいただき、物件購入からリノベーションまでの約半年間をサポートさせていただきました。

間取りが思い通りに! 希望の条件をリノベでクリア!

広くて住みやすい一戸建てを、予算内で見つけたい」とご相談いただいたのがきっかけでした。今回は希望の条件に合わせた物件探し、リノベ施工時のスタイルのご提案、間取りや動線の検討までサポートさせていただきました。

新築にはない持ち味を活かして、思うのままにリノベーション!

「自然が多く、住宅が密集していない地域へ移りたい」とご相談をいただき、物件探しからリノベーションまでサポート。中古物件の個性を活かした、こだわりの詰まった住まいが完成しました。
お客様の声をもっと見る

福山市不動産購入ガイド

福山市の売却・買取 無料査定はこちら

株式会社ホーム・ラボ
〒720-2123 広島県福山市神辺町川北 1132-4